XAMPPでPostgreSQLを扱えるようにする

XAMPPはApaceでPHPでMySQLな環境をつくれるステキツールですが、PostgreSQLにも対応したい時があります。

以下はその方法。

PostgreSQLのインストール手順

こちらが非常に分かりやすい。手取り足取り。

インストールが終わったらphp.iniでPostgreSQLを有効にする。

XAMPP内のPHPフォルダのphp.iniでPostgreSQLを有効にする設定がコメントアウトされているので、コメントアウトを外す(984行目あたり)

extension=php_pgsql.dll

PDOを使う場合はこちらもコメントアウトを外す必要がある(981行目あたり)

extension=php_pdo_pgsql.dll

XAMPPでApacheを走らせているなら、一旦停止して再起動する。

※php_pgsql.dll/php_pdo_pgsql.dllでエラーが出てapacheが起動しない!という場合は以下参照。

環境変数のpathに「C:\xampp\php」を追加してからXAMPP Control Panelの再起動するとうまく行った。

動いているか確認するには

http://127.0.0.1/xampp/index.phpに行ってphpinfo()を確認。
pgsqlの項目が有効になっていればOK。