読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネージドDLLの作成と呼び出す手順

■呼び出すDll(クラスライブラリ)
ファイル名 ClassLibrary1.dll

VB.netで作成した場合-------------------------------
新しいプロジェクトにてクラス ライブラリ を選択
プロジェクト名 ClassLibrary1

Public Class Class1
    Dim i As Int32
    Public Sub setInt(ByVal a As Int32)
        i = a
    End Sub
    Public Function getInt() As Int32
        Return i + 100
    End Function
End Class

■呼び出すVB.netアプリケーション
上のDLLを実行ファイルの隣にコピーします。


プロジェクト依存関係もやっとくとデバッグ楽?

参照の追加にてClassLibrary1を参照設定します。

Dim obj As New ClassLibrary1.Class1()
obj.setInt(10)
Debug.WriteLine(obj.getInt())

ネタ元