読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/11/1(土)日経健康セミナー21スペシャル「うつ病治療最前線」メモ

竹島 正氏 高知のひと?
自殺
一位 健康問題
二位 経済問題


うつ病 自殺しない

重度の精神障害併発してると自殺しやすい

鬱プラスアルコールは危ない

自殺予防は幼少期から追っていってみよう

虐待うけるとうつ病なりやすい


樋口 輝彦氏
最高峰の賞とった人

治りにくいうつ病の実態と治療の選択肢

多様な原因 むしろ症候群と呼ぶべき

一律の治療メニューがあるとは言えない

原則的な事柄はあるからそれに基づいて治療する

原因は不明

なおるのは6割 4割は難治性

再発がありうる

保険診療では長い診察時間は期待できない

医者との相性は重要!一番大事


薬ゼロまでは1-2年かかる


精神療法 薬物療法 有効とおもえるものはなんでもやるのが普通 どっちかだけというのはない

認知行動療法ってよくきくね
でも臨床心理士少ない。まだまだ不十分
治療には時間かかる。一回1時間ワンクールで10回。

薬物療法
新規抗鬱薬 2000年ごろから使われてる

レベルにあわせて治療する
軽傷
精神療法のみ
ベンゾジアミン系の薬、睡眠薬を頓服で
中等症特徴マイナス
入院も考慮。
薬物療法も軽傷より積極的に
単剤で十分量 十分時間使用
多剤併用は避ける まだ全国的に広がってない考え方
投薬初期の要注意
やめるときはジョジョに少なくしていく。急にやめない。


抗鬱薬が効かなかったら?
薬をかえる 前の薬を十分時間ためしてから
ssriから他のssriへ
ssriからsnriへ
ssriからミルタザビンへ
ssriからtca/non-tca(古いやつ)に変更


他の薬で、効果で増強する
リチウム
甲状腺ホルモン
気分安定薬 全て適応外
ラモトリギン バルプロ酸 カルバマゼビン
非定型抗精神薬
アリピプラゾール 適応あり
クエチアビン オランザビン りすぺりどん 適応なし

他の薬を併用
ミルタザビンと新規抗鬱薬
抗鬱薬同士の併用


通電療法

難治性うつ病
定義が一つではない
通電療法でも

1950年から薬でた 革命的
そのまえは原始的だった
睡眠薬でねかせっぱなし
電気ショックなどなど


中等症特徴プラス
双極性障害のうつ病相 そううつ病
治療方法が違う!


うつ病治療最前線
パネルディスカッション

丸岡いずみ もと日テレアナウンサー
うつ病経験 震災取材で テレビで写せない惨状をみたのがきっかけ。 津波被害者の遺体とか。
うつ病をなかなか受け入れられなかった。
最後には入院

中村雅美 もと日経


最初から気分が沈むうつ病はほとんどない。
まずは体の症状から。

ねれない 疲れた 食欲なし
なのでまず最初は内科に行っちゃう。

体には異常はないので 夏バテ?みたい判断になる

いままでの趣味に興味がなくなる
うつのシグナル!

対策。
まずは休息!

簡単な治療
少しのお薬
時間がかかるんだと知るべき
徐々に効いてくる 2週間とか

治り方にも波がある


うつ病ってなおらないの?
原因療法がないが、7割はよくなるよ
一度なったきりの人もいる
ラピッドサイクラー すぐぶり返す人もいる
その差の理由は不明

治癒とはいわない
寛解 症状がほとんどとれた状態 という
一部症状が残る場合があるがほっとくと再発しやすい傾向がある

増強療法とは?

薬を変えるのには時間がかかる。
前の薬止めるのに、始めたぐらいの時間きる。そして、次の薬始めても効くかの判断までじかんかかる。

増強だとこの点時間節約できる


家族、同僚はどう、接したらいいのか

経験。
急にテレビでなくなったら心配メールが日に120件。パニック。
急性期はそっとしておいて欲しい。
大丈夫?は禁句

死にたいという気持ちあるひとへの対策方
talk
ask
lissen
keep self


周りの人へのアドバイス
教科書的ですが
気分転換でもしてやったらいいんではないかという対応 これアウト よくなることない
そんな気分ではないとこじゃないのこに連れ出されるとダメージ

そっと見守る
そっと寄り添うのが原則!

過干渉な家族
非過干渉ではない家族
こっちが治りやすい

ついつい言いたくなるけど我慢するのだ!

あくまでどん底 急性期の話。

よくなってからは別だよ
急性期すぎた場合。

逆にそっと背中を押してあげて。
一歩を踏み出す手伝いをしてあげる。

散歩してみようかなーといいだしたら
付き合ってあげるとか


よくなってきたかなと自覚したタイミングは?

入院したら必ず薬を飲まざるを得ない。
そしたら
だんだん体動かしたくなってきた
前やりたかったことがやりたくなってきた。
これがシグナル。

予防法は?

社会的な対策版
安定した住居、生活を用意してあげる
生活習慣病対策
アルコール障害対策

個人対策版
うつ病にならない鉄則 本
生活習慣病の予防がよい
全身の健康に気をつかおう
睡眠とか

散歩の効用
つま先でうつを蹴飛ばすように歩く

ひとがきてもごろんとする
甘いおかしをだす

自分に関心を示す

周囲を大切に

今日の自分は何点?
小さな目標を立てていく。

などなど

新型うつ病ってきくけど?

5年前から聞いてるけど

学術的にはない
メディアが作った言葉

新型インフルエンザとかから発送。

そもそもうつなのかはっきりしない

若い人にも、うつ病がでてきたことが理由では

いままでは40-50代の病気だった
若い人では症状がちがうのでは

申し訳ないとかのきもち 自分を責める

わかいひとは人のせいにする
周りのせい 会社のせい、
これが新型っていわれるゆえん

アフターはすごい元気
メディアが誇張した

古典うつ病
定型うつ病
非定型うつ病 こっちが若い人に多少あるのでは
それが新型っていわれてる様子

非定型型は寝過ぎる
食べ過ぎる
これには薬が効かない

昔からあるよ 非定型型。

世間の新型とはうつ病だけじゃなくパーソナル障害、発達障害もふくまれてるのでは


この20年でメンタルクリニック 出来過ぎってくらいできてきた。
昔はほとんどなかってのに。

いい面もあると思う。

反面、誰もが鬱じゃないかと思ってしまう。
病院のレベル差が大きい

さいごに経験者のひとこと

希死念慮がわく。
でもこれって誰でもあるよね。
風邪引いたら鼻出るのとおなじ
症状なので否定してはあかんよ

ありがとう、よく打ち明けてくれたねって受け入れてくれると嬉しい。
救われた。

完治はないけど絶対良くなるものだよ。