読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iMovie (2013): ピクチャ・イン・ピクチャ・エフェクトを作成する

ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップとして使いたいクリップまたは 範囲 を選択して、タイムライン 内のクリップの上にドラッグします。

タイムラインで別のクリップの上にクリップをドラッグして接続しているところ
緑色の追加アイコン(+)が表示されたら、マウスボタンを放します。

ビデオ・オーバーレイ・コントロールが表示されていない場合は、「ビデオオーバーレイ設定」ボタンをクリックします。

調整バーの「ビデオオーバーレイ設定」ボタン
左側にあるポップアップメニューをクリックして、「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択します。

ビューアで、追加先のクリップ上に挿入されたウインドウにピクチャ・イン・ピクチャ・クリップが表示されます。

ビューアの上に表示されたピクチャ・イン・ピクチャ・コントロール
ピクチャ・イン・ピクチャ・クリップの位置を変更するには、クリップ内の異なる場所まで、または別のクリップまでドラッグします。終点をドラッグして長さを調整することもできます。

変更を適用するには、ピクチャ・イン・ピクチャ・コントロールの「適用」ボタン をクリックします。


ネタ元