読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VB.netでSelenium

VB.net

準備編

プロジェクトでの準備

  • 参照の追加をする
    • ダウンロードしたSeleniumのモジュールの中を解凍して、プロジェクトのフォルダのどこかに置く
    • Visual Studio のメニューから「プロジェクト → 参照の追加」を選択します。
    • 「参照マネージャ」ダイアログが開くので、展開したファイルのうち、以下をまとめて参照します。
      • Selenium.WebDriverBackedSelenium.dll
      • ThoughtWorks.Selenium.Core.dll
      • WebDriver.dll
      • WebDriver.Support.dll

サンプルコード

Imports OpenQA.Selenium
Imports OpenQA.Selenium.PhantomJS

Module Module1

    Sub Main()

        Dim WebD As IWebDriver

        WebD = New IE.InternetExplorerDriver()

        SearchGoogle(WebD) 

        WebD.Close()
        WebD.Quit()
        WebD = Nothing

    End Sub

   Sub SearchGoogle(aObj As IWebDriver)

        aObj.Url = "https://www.google.co.jp"

        Dim element As IWebElement
        element = aObj.FindElement(By.Name("q"))

        element.SendKeys("Cheese!")
        element.Submit()

    End Sub
End Module

IE で「NoSuchElementException」エラーになってしまう場合

IEDriverServer を正しい位置に配置し、サンプルコードにも問題が無いのに IE でのみ、「NoSuchElementException」が発生する場合があります。この場合は IE のインターネットオプションからセキュリティタブを選択し、全てのセキュリティゾーンに対して「保護モードを有効にする」へチェックしておきます。

f:id:shikaku:20170224173417p:plain