wordpressで画像遅延読み込みプラグイン「Lazy Load」 の利用方法 あと モバイルとGooglebot対策

プラグインを追加する時「Lazy Load」で検索すると
似たようなのがいろいろ出てくるけど「Lazy Load」を選択すること!
f:id:shikaku:20181016112257p:plain

追加したら有効化するだけなので導入は簡単。

しかしPCだと問題なくてもスマフォなどのモバイルだと画像読み込みが遅かったりタイミングが合わなくて読み込み失敗することがあるので、以下のようにプラグインに手を加えてモバイルは無効にするといい。

ついでにGoogleBotと相性悪いEdgeも無効にしよう。

プラグイン編集から「Lazy Load」を選んで読み込んで、
50行当たりの

// Don't lazyload for feeds, previews, mobile
if( is_feed() || is_preview() )
	return $content;

// Don't lazyload for feeds, previews, mobile
if( is_feed() || is_preview() || wp_is_mobile() || stripos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'Googlebot')  || stripos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'Edge') )
	return $content;

に差し替える。

プロセスのメモリ情報を取得

GetProcessMemoryInfo()関数を利用します。

プロトタイプ宣言

HANDLE OpenProcess(
    DWORD   dwDesiredAccess,    // アクセス・フラグ
    BOOL    bInheritHandle,     // ハンドルの継承オプション
    DWORD   dwProcessId         // プロセス識別子
);

BOOL CloseHandle(
    HANDLE  hObject             // オブジェクトのハンドル
);

BOOL GetProcessMemoryInfo(
    HANDLE                      Process,            // プロセスのハンドル
    PPROCESS_MEMORY_COUNTERS ppsmemCounters,     // 構造体のポインタ
    DWORD                       cb                  // 構造体のサイズ
);

構造体

typedef struct _PROCESS_MEMORY_COUNTERS {
    DWORD   cb;                             // 構造体のサイズ
    DWORD   PageFaultCount;                 // ページ・フォールト数
    SIZE_T  PeakWorkingSetSize;             // 最大ワーキングセット
    SIZE_T  WorkingSetSize;                 // 現在ワーキングセット
    SIZE_T  QuotaPeakPagedPoolUsage;        // 最大ページプールの使用サイズ
    SIZE_T  QuotaPagedPoolUsage;            // 現在ページプールの使用サイズ
    SIZE_T  QuotaPeakNonPagedPoolUsage;     // 最大非ページプールの使用サイズ
    SIZE_T  QuotaNonPagedPoolUsage;         // 現在非ページプールの使用サイズ
    SIZE_T  PagefileUsage;                  // 現在ページングファイルの使用サイズ
    SIZE_T  PeakPagefileUsage;              // 最大ページングファイルの使用サイズ
} PROCESS_MEMORY_COUNTERS, *PPROCESS_MEMORY_COUNTERS;

サンプル
要インクルードPsapi.h インポートライブラリとしてPsapi.Lib追加

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <windows.h>
#include <Psapi.h>      // Psapi.Lib

// マクロ関数
#define DISP_PARAM(n)    (n), ((n) / 1024)

// メイン関数
int main( int argc, char *argv[] )
{
    PROCESS_MEMORY_COUNTERS pmc = { 0 };
    DWORD dwProcessID = GetCurrentProcessId();
    HANDLE hProcess;
    
    if ( argc > 1 ){
        dwProcessID = atoi( argv[1] );
    }
    if ( (hProcess = OpenProcess(PROCESS_QUERY_INFORMATION,FALSE,dwProcessID)) != NULL ){
        if ( GetProcessMemoryInfo(hProcess,&pmc,sizeof(pmc)) ){
            printf( TEXT("プロセスID                        :%lu\n"), dwProcessID );
            printf( TEXT("プロセス・ハンドル                :0x%p\n"), hProcess );
            printf( TEXT("ページフォールト数                :%10lu個\n"),             pmc.PageFaultCount );
            printf( TEXT("最大ワーキングセットのサイズ      :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.PeakWorkingSetSize) );
            printf( TEXT("現在ワーキングセットのサイズ      :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.WorkingSetSize) );
            printf( TEXT("最大ページプールの使用サイズ      :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.QuotaPeakPagedPoolUsage) );
            printf( TEXT("現在ページプールの使用サイズ      :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.QuotaPagedPoolUsage) );
            printf( TEXT("最大非ページプールの使用サイズ    :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.QuotaPeakNonPagedPoolUsage) );
            printf( TEXT("現在非ページプールの使用サイズ    :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.QuotaNonPagedPoolUsage) );
            printf( TEXT("最大ページングファイルの使用サイズ:%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.PeakPagefileUsage) );
            printf( TEXT("現在ページングファイルの使用サイズ:%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.PagefileUsage) );
        }
        else{
            printf( TEXT("%lu:GetProcessMemoryInfo()関数のエラーです。\n"), GetLastError() );
        }
        CloseHandle( hProcess );
        return 0;
    }
    printf( TEXT("%lu:OpenProcess()関数のエラーです。\n"), GetLastError() );
    return 1;
}

HTML リダイレクト(自動転送)の方法いろいろ

「.htaccess」ファイル
metaタグ
JavaScript/PHPなど

といろいろ方法があります。


あんまり推奨はされないですがmetaタグだと

<meta http-equiv="refresh" content="秒数;URL=URL">

とかけばOKです。

ライブドアブログで記事に仕込んでも転送使えます。
ただ編集画面内でも転送しちゃうので、二度とそのページの編集ができなくなるので注意。

Excelで外部ソースへのリンクを解除したい

Excelでなんだかわからないけど
リンクの警告とかいうのが出る時がある。

「このブックには、安全ではない可能性のある外部ソースへのリンクが1つ以上含まれています。

リンクを信頼できる場合、リンクを更新し最新データを取り込みます。信頼できない場合は、データをそのまま手元で処理してかまいません。」

みたいなの。


解除するには

Excelの画面で、「データ」「リンクの編集」を選び、
リンクの編集の画面が表示まします。リンク元を確認し、不要でしたら、「リンクの解除」を行ないます。