STEPNの画面上の情報をOCRで取得する方法(簡易版)

・Reflector4などでiPhoneの画面をPC上に表示させる
・Githubの https://github.com/skipiano/STEPN からpythonコード取得
・実行して足りないモジュールはpipでインストール
Tesseract OCR をWindowsにインストールする必要あり。PATHも通す必要あるよ
・自分の画面に合わせてim.crop()の引数を調整

ExcelVBAで行って時間後に消えるダイアログ

宣言はこちら

Private Declare PtrSafe Function CustomTimeOffMsgBox Lib "user32" Alias "MessageBoxTimeoutA" ( _
            ByVal xHwnd As LongPtr, _
            ByVal xText As String, _
            ByVal xCaption As String, _
            ByVal xMsgBoxStyle As VbMsgBoxStyle, _
            ByVal xwlange As Long, _
            ByVal xTimeOut As Long) _
    As Long

使い方

    If CustomTimeOffMsgBox(0, "キャンセルボタンを押さないと5秒後に処理が動作します。", "カウントダウン", vbInformation + vbOKCancel, 0, 5000) = vbCancel Then
        'Cancel
    Else
        'ここに処理書く
    End If

CoinGekoからExcelで仮想通貨の現在値取得

  • 取得したい通貨のCoinGekoページを表示してapi idを取得 ここではBNB

  • vs_currencyの欄に何ベースの価格が欲しいか指定。円ならjpy、ドルならusd
  • idsに取得したい通貨のapi idをカンマ区切りで入力 ここではBNB bGST GMT
  • Executeボタンをクリック

  • Responsesにそれっぽいデータが受信できてればOK

  • Request URLをコピーする
  • Excelを開き、データ>webから を選択。コピーしたURLを貼り付ける

  • 「テーブルへの変換」をクリック

  • これはそのままOK

  • columnの横の小さいボタンをクリックして出力したい列だけ選択。current_priceが現在値。OKする

  • 「閉じて読み込む」をクリック

  • 取得できました。